タイはどこ?

おはようございます🎵Smile Daisy です。
サークルが続けてになりますが、夏休み前半たくさんやりますよ😉
6月最後のlessonは、タイのジューンさんとのlessonでした。
6月に遊びに来てくれたお姉さん🎵 

タイはどこだろ?首都はどこ?皆さんわかりますか?


ジューンさんとのlessonの前に、双子ちゃんたちの体験をして、小中学生に合流の予定でした…片方ずつ泣き出して、お母さんと離れない😅
Open Shut Them をやりながら、慣れてはきましたが、お母さんからは離れず…
Smile Daisyでは、臨機応変に、ごめんなさいお母さんも一緒に楽しみましょう🎵
そんなことをしていたら、小中学生やジューンさん、マミチューターがやって来ました😆

Hello song!を手遊び歌で歌い、みんなで順番にI'm Chiharu!と自分の名前を言い、そのあとみんなで双子ちゃんたちも入って、握手(^-^)/
そして、タイの遊びを教えてもらいました。
まずは手遊び🍀
 料理の名前を言いながらの手遊びです🎵
タイカレー
エッグスープ
バナナのお菓子
キャベツ
タイ語は、ちょっと難しく日本語ですがこの順番に言いながら、二人組で手遊びしました。
そのあとは、
ダッカー(氷おにのようなもの)と言う遊びを和室で、双子ちゃんたちも楽しんでました。
次は、ペットボトルを使い、
モンサンハー(ハンカチ落としのようなもの)をcircleになり遊びました。
アルプス一万尺は、小学生が待っている間にジューンさんに教えていたようで、みんなで楽しく出来てました。
そのあとはリクエストで、
だるまさんがころんだをやりました。
みんな動いた人をだるまさんが、名指しする事を知っているのでしょうか?と思いましたが、凄く楽しそうに遊んでました。
歩数をみんなで英語で数えて、最後は指示も英語で言ってみました。
時間はあっという間に過ぎてしまい、ジューンさんに挨拶を教えてもらいました。
ラーゴーン(さよなら)
コープクン(ありがとう)
少し調べたのですが、男性言葉と女性言葉があるそうです。
語尾が変わるみたいです🎵
国によっていろいろと勉強になります。
子供たちも何ヵ国もの人達と交流して欲しいです(’-’*)♪
今月はまたどこの国の人が来てくれるか楽しみです🎵
kids class もHomeworkは、特にないのですが、今までの復習をしながら新しいことするので、果物をたくさん言えるように(^^)
歌の暗唱もまたしますので、lessonで、確認してくださいね😉
少しずついろんな事を取り入れていきますので、秋に向けてがんばりましょう😉
Natural Englishも使っていきます。
preは、引き続き同じAGE 3を。kidsは、KIDSをやります🎵
そして、サークルに来れないけど、Smile Daisy に興味あるかたご紹介ください。
サークル会員特別プログラムやおうち英語倶楽部のご紹介も、できますので、質問や受講希望何でも相談に乗ります🎵
お試しに買うのにはいいと思いますよ。
前回も書きましたが、Happy kingdomのオンライン😊
受講してる子供も喜んでます。
zoomを使い、我が家はリビングで、イヤホン付けてやってます🎵
最初は部屋が映るかなとか静かにしてないとダメかな?と思いましたが、他の子供もその時間に勉強してもらい、よい時間になります🎵
興味のあるかたは、いつでもお問い合わせくださいね🎵
 http://more.happykingdom.net/wp/online%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e8%8b%b1%e8%aa%9e/
 
Natural English
http://www.rivercityenglishschool.com/cd-products/
Children Dictionary
https://www.amazon.co.jp/Longman-Childrens-Picture-Dictionary-CDs/dp/9620052331
英語だけではない国際交流、アクティブラーニング等、サークルに興味のある方をご紹介ください。
いつでも体験できますので、コンタクトください。
 https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/16733

さいたま市の子育てWebにも掲載していこうと思います😉募集記事です。
http://www.saitama-kosodate.jp/koryu/eventdetail.php?eid=23241

こども英語 Smile Daisy

Smile Daisyのプログラム『国際人を育てるKIDS OF THE WORLD』は 国際理解、アクティブラーニング、英語を三本柱に子ども達と様々な遊びや学びを創造していきます。 Education of kids, by kids, for kids! 子ども自身の子ども自身による子ども自身のための教育を目指します!

0コメント

  • 1000 / 1000